形がかっちりしているので、ペーパークラフトとしては一番作り易いかもしれません。 ただ3Dは起こしやすくても、紙の厚さや、のりしろの付け位置などに形が左右されてしまいます。 たとえば、立方体が立方体に見えないと、存在感が半減してしまいます。 そういう面では、1ヶ所ごとの、細かなところにまで気を使って作っています。

カントリーチャーチ

アメリカのとある田舎町にあるような木の教会を作りました。
階段を付けたかったので、セントケビン教会以来の地面付きにしてみました。
植え込みや柵も教会としては初実装^^
窓は落としこみを止めて、鐘突き堂?を作り込んでみました。
かわいい教会になったと思います。
2016年4月14日 UP

神戸ファッション美術館

一時期、こちらの美術館の中にあるショップにペパクラを置かして頂いたことがあって、その関係で依頼されたペパクラです。
UFOが建物に乗っかっているんですね~。他にも色んな立体がくみあわさったような外観。土台と衝立を作り、本を開いたように見せ、前面の外観を作りました。
楽しかったです。
2015年2月 UP

金剛院 山門

こちらは手作り市で当時お世話になっていた金剛院sんから依頼を受けて作った山門です。
これは良くできたな、と思える出来上がりです。A4の紙3枚に納まっていますが、かなりデティールは凝ってできました。
2014年11月

聖ヨヴァンカネオ教会

Church of Saint Jovan Kaneo
マケドニア共和国、オフリドの世界遺産の教会です。
断崖絶壁に立つ姿は記憶の一部に確かに刷り込まれてしまうような景色で、似たような教会はたくさんあるけれど、形の素の部分だけで構成されたような建物だったので作ってみました。
真中の八角形の塔を中心に構成されている形の組み合わせが、制作意欲を掻き立てました。
色付けは100%とはいえないけれど、形的には満足の出来。
実際の建物は床面に高低差が付いているので、ここはアレンジして平らにしてあります。
2014年3月 UP

ナクソス島の教会

教会の3個目になります。
その地方々で特徴があって、公のものなので作ることができます。
今回はエーゲ海の白い教会です。
写真は本で見つけた1枚しか見つからなかったので、かなり本物とは違うと思いますが、 似たような教会を参考に作ってみました。
薄くなった白いペンキを表現するのに、フォトショップでブラシを作り、それで描きました。
2011年3月20日 UP

赤い教会

教会の第2弾です。
イギリスの田舎の草原の真ん中にぽつんと立っていて、This is a secret corner of Yorkshire.にあるそうです。
”不気味”とか”怖い”なんていう単語でも表現されているほど、ぼろぼろであちこち崩れていた教会です。それを想像で新品のように直しました^^
3Dで画面に描くのはそれほどむずかしくはなかったけれど、紙の厚さがすごく影響してゆがみが激しく出てしまったので、その修正にかなりの時間をとられました。
2010年7月28日 UP

セントケヴィン教会

初めて作った建物です。アイルランドにある教会を作りました。
縮尺は計算したわけではなく、スケールモデルとはいえませんが、 質素な佇まいは再現出来たと思います。
色は実物の写真を加工して付けました。窓も絵ですが、暗い空間があるように表現できたので、雰囲気がでました。
2010年1月1日 UP