My House その6

大体の大きさの形が出来上がってきたので、
今度は紙で作れるように、重なっている部分をブーリアンしたり、
食い込んでいる部分を削ったりして形を整えているところです。
20180623
現実の長さを計ったけれども、かなりいいかげんです。
何か所か計って、あとは大体のバランスで。
そんなのだから辻褄があわないところが出てきてしまうのだろうなぁ~。
まぁ、印象が同じならばそれもOKだよね。
図面がなければそんなものでしょう。

 

Pocket

館山で拾った貝

先日行ってきた貝の写真を撮った。
こうしてみるとあんまり目新しいのはなかったな~。
だんなが拾ったのは結局ヤクシマダカラでした。あ、写真とればよかった。
201806201クリックで拡大
めぼしいのはこれくらい。全体でもそれほどは拾わなかったな。
去年あたりからホシキヌタの割れてないやつがやっと拾えて、この頃は常連のように拾えてます。
以前は欠片ばっかり。だからよけいに完品が欲しかったんだよね~。
201806202
サラサバイ。どれも15mm以上ある大きめの物。
模様も千差万別。透明感とつやがあって、見つければ必ず拾います。
上の方に見えているシチクガイ。先っぽまである完品でした。
201806203
今回の中では一番気になる存在。なんだかぜんぜんわかりません。
その下のは欠片だけど、サラサミナシ?
台風で運ばれてきたかな。
201806204
ミスガイ裏側は欠けてます。隣はカミズジダカラ。右上はミカンレイシ欠けているけど2個拾った。
名前がかわいいからちゃんとしたのがほしいな~。
201806205
今回の造形ナンバーワン。
マガキガイ(と思ったけど内側が赤くないのでよくわからない)にフジツボ。
フジツボの位置といい流れかたといい、ごく普通の貝殻をオシャレに仕上げてしまっている。
これはいい。

ん~ちょっとものたりなかったな~。

Pocket

My house その5

なかなか進まない屋根の構造。
20180617
グーグルマップで空からの屋根の姿が見れて、これはラッキー!
と思ったのもつかの間。
複雑です・・・
足して足してで作った家みたいで、それこそレアルでのつじつま合わせがなされているようです。
こっちの屋根はこっちに被っているけれど、こっちは同じ角度で流れていて・・・
なんてやっているとぜんぜん進まない。
ちょっとこれは特異なおうちかも。

Pocket

My House その4

屋根をのせていってます。
高さは実際の寸法を測りながらの作業です。
日本家屋の屋根は垂木(タルキ)、野地板、屋根材で出来ているとのこと。
どこまでを屋根の厚みとしようか。
それとも1枚で済ませるか、作りにも関わってくるから試作しないと決められないかな。
20180615

昨日のハチジョウダカラは違うかもしれないな~。
じゃあいったい何?
実物はまだ漂白剤の中なのでちゃんと見てないけど、横面の大きな斑点はいったい誰の物?

Pocket

館山へ

今日は貝殻拾い♪
先月も行ったけど、今月も館山へ。
前から予定を立てていたのだけど、先日台風が近くを通ったので
これはラッキーかもしれないと、期待大。

結果的には私はそれほどでもなかったのだけど、
だんなはそれほどだったかも。
それはかなり大きなハチジョウダカラ!!
え~~ここで拾えるんだ!
表面は少しすれているけれど、横っちょの黒い斑点はきれいに残ってる。

たしか以前に幼貝を拾ったことがあったような気がするけど、確かめてない。
判定もあやふやだから、まあそんな感じ。
201806131
あまりパッとしてないけどウキダカラです。
久しぶりに拾えたからパチリ。

201806132
ミスガイです。ちょっと欠けているんだよな~。
でもこれだけきれいなのはまだ2個目。

201806133
どこも海藻がひどくてこれは台風の影響なのか。
いつもよく行く場所もこんな感じで海藻におおわれていて踏むとふかふかしている。
でもちょっとほじくったらタカラガイが結構出てきて、かなり長い間耕していたかな。

201806134
沖ノ島の砂浜にあったこの海藻は?
触るのは怖いけど、海中はこういった不思議なものがいっぱいあるんだろうね。
地上にあると異様です。

成果はまた今度。
先月行ったのもまだそのまま置いてあるんだよね。
写真撮ってしまわなきゃ。

 

Pocket

My house その3

この前まで描いていた方法ではちょっと無理があったようで、
全然つじつまが合わなくなってしまった。
今までは畳の何畳とかで割り出していたけど、今度は、柱と壁でもって構成していくことにした。
20180612
1枚の壁の大きさを1800×900×10で作ってそれをつなげて、
柱は1800×10×10で壁の角に納まるようにして構成していったら、今のところは問題なし。
廊下のガラス戸を基準に、上下の壁の長さを計って足していっているところです。

屋根の形がけっこう複雑なんだよね。
はしごで昇ろうかな。

Pocket

何ができるかな

先日、知人から牛革をいただいて、わ~何か作りたい!
の作りたい病で、すぐに行動にでるこの素早さ。
20180611
左から手縫い蝋引き糸、菱目打ち5mm巾、手縫い針、トコノール
はたしてこれだけで革小物ができるのか。
ほんとは角をRにカットできるやつとか、ガラスの板とか、巾を計る道具?とか
いろいろ欲しいと思ったけど、とりあえずひとつ作ってみてからかな。
この頃suicaをよく使うので、suicaケースを作りたいな。

少しYouTubeを見て勉強しよっと。

Pocket

My house その2

簡単な箱組だけで大きさを出してしまおうと思っていたけど
それだとどうしても辻褄が合わなくなってきそうだったので
柱というか、敷居の部分を部屋と部屋の間に入れている。
その幅はほぼ10cm。ちゃんというと10.5cm。
昔で言うと3.5寸。もう少し太いものだと4寸(12cm)の2通りだそうな。
へ~そうだったんだ。
その幅に障子だとか、襖だとかをはめ込んで仕切っているんだね。
今は壁にして扉をつけているのが一般的だけど。
house2
こんな感じに厚みを付けて敷居の部分を作っています。

Pocket

My house を作ろう!

この前出展したデザインフェスタで、「うちの家作れる?」って聞かれた。
「作れますよ。」
「どのくらいかかる?」
う~ん、難しい。
どの程度の精度がほしいのか、子供でも作れるような作りなのか、
大きい物なのか小さいものなのか、
そんなこと考えたらひとつひとつ違った値段がついてしまう。

そこでちょっと、自分の家を作ってみようか。
あんまり参考になる家じゃないけど、まあどんなもんかね。

house1
平屋なんですね。
図面は無し。中味はよくわかっているからそこから壁面を割り出します。
多分昭和初期?借家なので不明です。
作るのは外側だけだから、あとは写真を撮って窓とか入れていきます。

Pocket

文字の大きさ!

いつの間にか文字の大きさが小さくなっていた!
なんとかならないかとcssのところを探っていたら1カ所だけしか見当たらなくて
そこを16から12ポイントに変えてみた。
それで保存しても何の変化もなく、やっぱりワードプレスはもうやめて、
ほかの手段を探すべきか・・・

それとは別にショップのページも中途半端にしてあったから、そっちでもやってみよう。
これもなんで文字が真中にこないのか、散々悩んであーでもないこーでもないの繰り返し。
ネットでコピーしてきた文字にも変なタグが付いていたりしてもうわからん。

でもなんとか文字が真中に配置出来てページの更新を押した・・
そしたらブログの文字も変わったんだよね、多分。
以前はもっといっぱい変えていたと思ったんだけどな~。
これもわからん。

ちょっと前にNHKのニュースで81歳のおばあちゃんがスマホのアプリを作ったってやっていたけど
これってすごいことだよね。
パソコンをずっといじくっていても、新しいことにはなかなかついていけなくなっていくのに
それを最先端でやっちゃってる。
はてしない好奇心の塊のような人だ。

Pocket