正20面体

いがいが鉄球は正20面体から作った物です。

morning star

この20面体のポリゴンを作る時はすごく苦労して、こねくりまわしてやっと。
数学はまったくダメで計算式は解らず、どうやって描いたかというと、”見た目”。だから多分正確じゃないな。

ところがたまたま今日、また球体を描きたいなと思って調べたら出てきました。
簡単な正20面体の描き方が!
描き方というより作り方が出ていて、それはデジタルでも作れるもの。

数学のホームページの中です。
「黄金比と正20面体」
というページに「正20面体と黄金比」という項目で作り方が出ています。

黄金比の紙を3枚方向を変えて重ねて、その角と1辺を結ぶと20面体の三角が出来上がります。
正20面体
一番大事なのは長方形の大きさ。100:141 で作ります。これが黄金比。
たとえばこの紙を半分に折っても比率は変わらないという形。
これをX・Y・Z軸に中心を合わせて配置し、突き出ている角とその近くの一辺で三角形を作っていくと正20面体が出来上がります。

これはびっくり(@_@)

Pocket