柳島 4月29日

この日も自転車で柳島。
201604291
これっ!といったものは無かったけど、チビウニをいっぱい持って帰ってきました。
でもこれはみんな中味入りでFresh Deadっていうやつ?
それを取り出すのに竹串で口とオレンジの中味をほじほじして、きれいに取れなかったので鍋でグツグツ。
さらに漂白剤につけてやっと完成。
鍋で煮ている途中にはほろほろと崩れていくウニ殻が・・・。
漂白剤に漬けているときにもかなり崩れていきました。
そう、ほんとはこの倍くらいあったのに、煮るのはダメ、ということに。
201604292
奥に見えるウニ殻、やっぱりFDはきれいだ~。
その手前はタカラガイ。オミナエシとナシジダカラ、ハナマルユキの欠片。
柳島で見つけたタカラガイは全部お持ち帰り。
チガサキダカラとして他のとは別にしまっています。
三浦では何千個?何万個?とあるメダカラ、オミナエシも茅ヶ崎では貴重品かも~。
そして好きなナシジダカラをGETできたのがこの日一番かな。
201604293
この頃注目している平らな貝たち。
左上から?、アオガイ、カラマツガイ、キクノハナガイ、
ベッコウガサ、ベッコウガサ、?、?
名前は難しい~。
まだまだ貝殻拾いは続きます。

Pocket

ナクソス島の教会

先日「ナクソス島の教会」をご注文いただいた方から、
「実在の名前は何という教会ですか?」という質問をいただきました。
この教会の資料は、図書館から借りてきた旅行本か何かに掲載されていた1枚の写真だけで、
現在も存在しているのどうかわからないイメージ写真かな?とも思えるものから作ったもので、
「わからないので、写真を送ります。」とパソコンに保存してあったコピーを送りました。
そうしたら「ネットで目ぼしを付けていた写真と送っていただいたのが一致しました。」
と言うじゃありませんか(@_@)
http://www.bootsintheoven.com/boots_in_the_oven/2006/08/giving_naxos_a_.html
「これだ!ほんとにあった~。」
そして教会の名前も教えていただきました。
「コロニーダの丘の中腹に墓地と共に新旧2つある教会の旧い方で、
アギオス・ゲオルギオス教会と云うそうです。」
naxs
これはパソコンの中に残っていた写真。
丘の上にポツンと建っていた白い教会、これはやっぱり作りたくなります。
これを作るときに、見えてない面がどこかに出ていないかと捜してみたのだけど
見つからなかったので、見えない部分はこの様式に近い建物を参考に作ったのでした。

Pocket

キーウィ。。1

いろいろ作りたいと思っているものの、気持ちが盛り上がらないとなかなか手がでません。
そんな中でこれはいけるかなと、作り始めたのがこれです。
キーウィ
手の中にすっぽりとおさまっている写真があったので、「これだね。」と。
とりあえずは左右対称状態で作っているけど、足は少し左右で動きをつけようと思っています。

Pocket

貝殻リース

たまっっている貝殻で作ってみました。
貝殻リース
ごってりとくっつけて、宝物がいっぱい!仕様。
買った貝もいくつか入っています。
これがただくっつけていけばいいように思ったのだけど、ベースのリースが見えないようにしたり、
はみだしたホットメルトを隠すのにさらに上から貝殻をくっつけたり、
なにしろ貝がカチカチなので、思うように収まらなくてけっこう大変。
直径は20cm位。
また作ろ。

Pocket

パームツリーゴーランド

長くつり下げておくと、紙がたわんで傾いてしまっていた「パームツリーゴーランド」。
つり下げる仕組みを変えて、金具も使って壊れにくいように。
IMG_0540
完成品をcreemaで販売しています。
キットは作り方が出来てないのでまだ先になるけど、
印刷した展開図があるのでそのうち作るつもり。

でもこういうのって写真撮るのが難しい~。
キンギョもハチドリも全然うまく撮れなかったけど、これもだよ~(´ω`。)

またまた昔の作り直しだけど
ちょっと気に入らないところがあってそのままお蔵入りにしておくよりいいかな。
もうあんまりないけど、手を付けてみたいのが、タマゴとパンプキン。
そのうちやろっと。

creemaの特集「おすすめの新着作品」でいろいろ載せてくれるようなので
見に行ってみて下さいね♪

 

Pocket